お彼岸 3/3

日本古来のしきたり

お彼岸ご先祖様への日頃の感謝の気持ちを伝えるお品物は大間マグロ
お彼岸は春3月の春分の日と秋9月の秋分の日、

太陽が真東(まひがし)から登る季節の変わり目

の時期に1年に2回行われる日本古来のしきたりです。

ご先祖様への感謝を伝える

お彼岸はお墓まいりをして自然の営みと
ご先祖様に感謝の意を表します。

おたのしみ
春のお彼岸は牡丹の花にかけてぼた餅をいただき
秋は萩の花にかけておはぎと季節の恵みをいただきます。

定期的に家族親戚が集まる

日本にはいわゆる「ボンクレ正月」と言われるお盆

と年越しに比較的長いお休みを取って家族が一堂

に集まる風習がありますね、

一方お彼岸は盆&暮れに次ぐ位置付けで近場とか

時間の調整が付くひとだけ集まってね〜っと言う

比較的ゆるめな家族集合イベントです。


核家族化が進む現代こそこういった「しきたり」が

必要だと思います。が、呼び寄せのネタがお団子

では(コンビニで買えるので)始まりませんね

お彼岸の贈り物はみやこの大間まぐろご注文は上の画像をクリック

そこで大間マグロ!

みやこでは1年を通して販売している大間のマグロ

ですが実はコンビニやスーパーで買えませんまた

鮮魚店や百貨店でも年に数回出ていれ…

地元でも滅多に売ってない大変希少な商品です。


ですからあの大間のマグロが期日時間帯指定&

すぐ食べられる冷蔵で届くよ〜♪って言われたら… 

用事キャンセルしてでも飛んで来ちゃうかも?です。


みやこの大間マグロは到着後すぐ食べられます。

面倒な解凍作業が無いのでみんなが揃った時

お待たせさせずに頂くことができて大変重宝です。

もし、集まる時間が遅くなってしまう時は冷蔵庫

から出さずにそのまま一晩冷蔵庫に寝かせれは

翌日は少し熟成の方向へ進んで味わいが増した

お刺身として頂けるので心配は無用です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする