マグロで驚きの効果京大

マグロなど魚油が体脂肪抑制に効果がある。
と京都大学の研究チームが発表しました。

大トロお造り 魚に含まれる油分を摂取すると、体の脂肪を分解して熱に変える「ベージュ細胞」が
増えることを京都大の河田照雄教授(食品機能学)らのチームがマウスの実験で明ら
かにし、英科学誌電子版に発表しました。

チームによると、最近の研究では、中年太りや生活習慣病はベージュ細胞の減少が一
因と考えられている。河田教授は「魚油を含む食事が肥満などの改善につながる新し
い科学的根拠が得られた。人間でも効果があるのか検証したい」と説明している。

チームは魚油を加えた高脂肪食を食べるマウスの集団と、魚油を含まない高脂肪食の
集団を10週間後に比較。すると、魚油を加えた食事の集団の方が体重や体脂肪の蓄積
が低く抑えられた。

詳しく分析した結果、魚油の主成分のドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペン
タエン酸(EPA)が体内に入ることで交感神経の活動が活発化し、神経伝達物質の
ノルアドレナリンが放出されることを確認した。

ノルアドレナリンの影響で、脂肪をため込む白色脂肪細胞の一部がベージュ細胞に変
化し、体脂肪の分解につながることが分かった。


まぐろみやこのブログ

hayawari-741

Copyright© 2017 マグロで驚きの効果京大. All rights reserved.