牛肉に続き豚肉の生食も禁止で脚光を浴びる?

牛肉に続き豚肉も生食での提供が禁止される

厚生労働省は6月中旬から飲食店などでの豚の生レバーや生肉の提供を禁じることを正式に決めました。
食品衛生法に基づき、牛レバーと同様中心部までの加熱を義務付け、違反した場合は二年以下の懲役か
罰金200万円の罰金が科されることが薬事・食品衛生審議会で了承されました。

厚労省は食中毒防止のため、飲食店がレバ刺しやタタキ、ユッケといった生食で消費者に提供することを
禁じるほか、牛レバーと同様に中心部を六三度で三十分以上加熱するか同等以上の効果がある加熱殺菌を
求めました。これにより小売店が生食用として販売することもできなくなりました。

◆人気根強く、関係者「残念」

豚のレバ刺しは提供が禁止された牛の代用品として注目を集める以前から居酒屋などで人気商品だったが
健康被害への懸念から厚生労働省が提供禁止の方針を決めた。関係者からは「豚レバ刺しの独特の歯ごた
えを好む客は多く残念だが事故が起きてからでは遅い、禁止は仕方がない。今は代用品を検討・模索中」と

▽天然マグロの赤身肉が牛や豚の生食用食材(牛たたき、ユッケ)の代用として…
天然マグロの「超赤身・ユッケ」発売中です  http://bit.ly/1LFPvHW

aka-niku31

お刺身(生食)ではまるで生のお肉の様な食感が魅力の天然まぐろの超赤身肉
サッと炙れば牛タタキの様な味わいに変身、粗塩で頂くと絶品の一品になります
しっかりソテーすれば食感の柔らかなヒレ肉のステーキの様な味わいから、
食べても太らない焼き肉としてお使い頂けます。

yukke500

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする