青森下北半島キラキラ号

青森県の下北半島を走るJRの単線、雨の下北駅に停車する観光列車キラキラみちのく号。

夏の青森を彩る「ねぶたまつり」を連想させるセンス抜群な赤い顔のディーゼル車両

JR青森駅に停車するきらきらみちのく号
車両には一部、景色を堪能出来る様廻転する「お一人様専用の座席」などが装備されている。

写真は陸奥湾添いを走るキラキラ号

JRきらきらしもきた号の列車の一部には車窓が楽しめる様に斜め方向へ開店する単座のシートが装備されている
乗車日によっては列車内で行われる津軽三味線のライブ演奏を楽しむことができる。

きらきらしもきた号の列車内で行われる津軽三味線のライブ演奏
そんな素敵なサービスがある。こととは知らずに「こっちの方が空いている〜♪」と
お一人様シートがついた隣の車両に乗り合わせていたタカハシ、

いきなり始まった爆音にビックリして駆けつけた時の写真がこれ。
三味線生音での演奏ですが思いの外音量が大きく、また列車内で良い感じに反響している様で
一瞬のうちに2両の車内はライブ会場に様変わりです。

 

窓の景色に映る津軽湾と海岸に佇むカモメ…

遠く清み渡る雨色の空、境の見えない海原と空気感…

三味線の音色と共に「此処は青森」が心に染みてくる。

きらきらしもきた号から見る車窓、陸奥湾 下北駅へ到着。此処は「いたこの口寄せ」で知られ
場内に数種類の温泉が湧き出る「霊場・恐山」へ向かう人々の最寄り駅。

青森下北駅のキラキラみちのく号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする