DHA成分がインフルエンザ重症者の救命に期待

まぐろのDHAがインフルエンザウイルスを制御
マグロに多く含まれるDHA成分がインフルエンザウイルスの増殖を抑制することが解った。

と秋田大・大阪大・東大の研究チームが発表しました。

重症者の救命に期待されるとのことです。

 

【解説】タミフルなど既存の抗インフル薬は感染から48時間以内に投与しなければ効果がなく、
重症者の救命は難しいのが現状ですがDHAから抽出したPD1がウイルス増殖を抑制することを
マウス実験で解明したことで重症化したインフルに有効な治療薬の開発につながる可能性がある。

「インフルエンザ発症から48時間経過したあとでも効く重症患者に有効な治療薬」開発の可能性

大間マグロのお刺身 ところでDHA・EPAは体内で合成できないため、

食事から摂取しなければならない。ってご存じでしたか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする