ウニの蒸し焼き・貝盛り(焼きかぜ)とは

ウニの蒸し焼き・貝盛り(蒸しうに)です。

貝盛りとは:いわて三陸宮古(みやこ)の海産物で
「焼きかぜ」の名で販売されているものです。

その中でもみやこの地元産「重茂(おもえ)の焼きカゼ」
は味が濃くて甘味が多いと地元で評判の海産物です。

製法は地物のアワビの貝を器にして、
同じく地物のムラサキウニを盛りつけて蒸し上げます。

uni660awabi660
高橋は、小屋の中でウニが蒸し上がる時、ほのかに立ち上る甘い香りが大好きです。
貝焼き造りは伯母の仕事でした。当時(1960年代)はお手伝いのアワビの貝洗い
のあともウニの盛りつけから蒸し焼きまでじっと小屋で作業を見るのが好きでした。

蒸し上げることでお味が更に濃厚になりました。
ムラサキウニの甘味が引き立つので冷めてもおいしくいただけます。

また、アルミホイルに包みオーブントースターなどで数分加熱したしますと
あの竈(かまど)で蒸し上げた時に立つほのかな甘い香りがたのしめます。
温かいうちにいただきますと一段と引き立った甘味をご堪能いただけます。

この商品はチリ産です。三陸産と同じ無添加製法で作りました。
器はハマグリの貝、小ぶりで1人前に丁度使い良い大きさで重宝しますね。

三陸産、昔ながらの焼きカゼと変わらないお味に驚きましたが、
同時に嬉しくもあります。

ウニの貝盛り
 

 

 

 

 

 

 

三陸と同じリアス式海岸だから味が濃くて旨い!
と人気の「 チリ産・ウニの貝焼き 」です。

このウニ人気の秘密は【無添加】(苦味がない)こと
苦みの原因、ミョウバンを使用しておりませんので
ウニの醍醐味である濃い甘みをお楽しみ頂けます。

三陸のウニが捕れないためウニが高騰していますが
良いものを安くお届けしたいので気合いを込めて
価格を据え置いてがんばりますので宜しくお願いします。

お求めはこちら【 ウニの貝盛り 】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする