オリエンテーション

時は昭和50年代、タカハシが東北の田舎から
単身東京の印刷会社へ就職したときのお話し

– 社員研修 –

orientation
新入社員を新しい環境に
順応させるための教育指導

新社会人に必ず付いてくる「最初の試練」

1970年代はまだ行け行けGO!GO!な高度成長期

会社に絶対服従且つ猪突猛進型社員にするため

いわゆる「鬼の教練」が推奨されていてこの会社

にも1ヶ月に渡る社員研修がありました。

top740-4-2-1

社会に出たら自分以外全員敵だ!人生は戦いだ!

何事も最初が肝心!タカハシの未来はこの研修

初日で決める!出遅れは絶対許されないのだ!

研修初日の朝8時30分! いよいよ新入社員間での

序列を決めるマウント大会(通常は特技や乗って

いたバイクが○○とか、もし有れば表彰経験等の

カードを順番に出して行く、ネタが切れたときは

でっちあげの武勇伝で再参戦する)が始まります、

top740-4-2-3
よっしゃ行くぞーっ!て思ったら…
大卒組から「おまえら(高卒組)はマウント禁止!

俺たち(の序列)が決まるまで全員横並びで待機」

って言われて身動きできひんなんだよ〜!ってなる

主導権を握る大卒様では
通常は学歴順位が序列になるのですがこの時代

応援団や体育会系出身の大卒人気が凄まじくて

1に体力、2に根性、3、4が無くて5に学力で、

的な感じで大卒様方の序列が決まったらしい

うちは製造業だしやっぱ体力勝負で決まるよね

社員研修は死語?

今は「オリエンテーション」って言うらしいです

…ってアタリが柔らかそうな英語にして置けば

突付き易くて良かろう! って魂胆ミエミエやん 

ところで現在も鬼教練を行う会社はあるのかな?

と思ったら燈台下暗し昨年就職した息子が入社

1週間で後頭部にポッカリ10円ハゲ造ってました

orientation5
ありがとう、人間。鍛えて頂いてなんぼです。 

なんぼ…って 10円!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする