海外語学留学 Chicago

大学3年生の息子が学校を1年間休学して来年の4月から
海外語学(英語)留学したい、と言いだしたのが昨年の6月

大変良いことですから資金面も含め全面的に応援する決意
は変わらないのでございますが、真に残念なことにですね

差し当たるものがないっ! のでございます。


そしたら「ワーキングホリデー」なる現地でアルバイトを
しながら学校通う制度がある。と言うことでなので調べて
見ると、一定以上の学内成績と英語検定試験の関門があり、

合格したものに「現地で働いてもOKビザ」が発給される。
ということが解りまして、ならば!とアイルランドを目指
したのですが健闘虚しく落選と相成りました。

ザンネ〜ン! では他にも方法あるのでは?ということで
高橋、語学留学全般についてトコトン調べあげたのがこれ

↓       ↓

日本の学生の海外留学の世界(☆が多い←優秀な学生)
☆☆☆ 国が費用を負担してくれる
☆ ☆ 単位として認められる(補助もあり・交換留学)
☆  学校休んで勝手(独自で)に勉強しに行く

※文科省は優秀な学生に援助を行ってくれる良い国ただし
うちの子の学力程度では無理。 ←あらら、ザンネ〜ン

勉強は自力で頑張りましょう♪ はいっ星ひとつデスっ!

とは言っても世の中は本来自力で頑張るものですから、
そういうチャンスがあるだけ幸せなんだろうと思います。

だが、親の不徳の致す所、先立つものが・・・ない。。。

あせる。。
息子君、なんで前の年(1ドル90円だったやん)に言わんの?

ここに来て円ドルのレートが家計に大きく影響を及ぼすとは…
夢にも思わなんだ。。。

ほほぅ、 世界って、 思ったよりも、 近いんデスね!

Chicago
お金。どっかにないかな〜? さて我が家を探すのじゃ〜!
で、家族会議をすると出てきました〜♪ 子どもの学資保険!
アブね〜、「備えあれば憂い無し、」と。めちゃ助かるわ〜。

いや、でもまだ足りんぞな。ワーホリだったら間に合うんだが

よん所ない事情のため通常の語学留学に変更したからですよ、
日本と違ってアメリカは留学生に労働ビザがおりないのです。

これで予算が100万円弱オーバーになりました。。。あらら〜
なんだよ〜昨年円高の時行ってたら前の予算で間に合って〜ん

↑「タラ」と「レバ」は大方あとからついて来るものなのです

と言うことで家中から現金を引っ張り出してようやく一時金の
支払い完了です。ほい、次は格安飛行機チケット探すのじゃ〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする