7月14日(土)横浜ホストクラブ club Xenon(ゼノン) 様にてマグロ解体ショー

7月14日(土)横浜ホストクラブ club Xenon(ゼノン)


写真は支配人、彼方様のバースデイにて店頭に飾られたお花の列です。
こちらのお店でマグロ解体ショーを行いました。

誕生日会を盛り上げるということでお邪魔させていただきました。
支配人「彼方」さんは前職が漁師

(遠洋の大型カツオ船、数ヶ月にも渡り大海原でカツオを追う仕事。

漁師の花形です、操業中はマグロも上がります。

マグロは太平洋の荒波のなか揺れる船上でズバズバ解体してご飯のオカズにします。)

ということでクラブゼノンの店内で「漁師が行う船上でのマグロ解体をショー

にして行って戴けませんか?」とのご依頼を頂戴致しました。

親方に相談したところ(開催が夜間でしたがやはり同じ漁師の心意気なのでしょう)
「是非やらせていただきます。」と云うことになりました。

場所は横浜関内のいわゆる歓楽街のど真ん中、夜の街を知らない

(寝ている時間帯なので)わたしたちには刺激が強すぎ?かどうかは置いといて

(正直新鮮でした)指定時間に店頭で待機です。

お客様へのサプライズ演出ということで事前に店内にはなにも準備せず、
マグロ・器財を一気に持ち込み怒濤のごとく設置&解体を開始致しました。

お店の方のノリノリのMCに高橋も加わって、三者掛け合いMCとなりました。
更にBGMもヘビメタで攻めてくるガンガンの縦乗りの中、マグロの解体は?

と云うと・・・



早い!早い! ヘビメタに乗って包丁がズバズバ振り下ろされて、
ジャグラーの大道芸人の様です。

おぉ、解体ショーのBGMはヘビメタがいちばんしっくり来る。
分厚く刻むギターのリフ、地をうねるベース、腰を安定させるバスドラ、
包丁の振り下ろしそのままのスネア、その魂は間違いなくまったく同じ。

余談ですがもしマーティ・フリードマン Marty Friedman さんのギターで
マグロを解体したら無茶貰盛り上がる!と思うのです。

そして
マグロはお刺身にしてご来場のお客様へ振る舞われました。

 

まぐろ屋みやこは全国どんな場所でも喜んでお伺い致します。

会場が極端に狭い、開催時間が遅い等どんな場合でも

なんとか致しますのでお気軽にご相談ください。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする